沿革

昭和25年 6月 広英保育園認可申請。建築着工。
9月1日 児童福祉施設「広英保育園」定員40名で認可される。
同8日 事業開始
昭和26年 3月24日 財団法人として認可される。
4月1日 広英保育園 定員120名として認可される。
昭和27年 5月17日 社会福祉法人広英保育園として厚生大臣より認可される。
昭和37年 4月 現在地に移転。
昭和41年 10月 鉄筋園舎新築完成。
昭和46年 4月 広英保育園 定員180名として認可される。
昭和50年 2月 鉄筋園舎2階部分、増築完成。
4月 広英保育園 定員240名として認可され、姫路市最大規模の認可保育所となる。
昭和56年 4月 矢倉保育園が定員60名で認可され、開園する。
昭和62年 3月 社会福祉法人八葉福祉会に改称される。
平成11年 4月 津田このみ保育園が定員120名で認可され、開園する。
同時に広英保育園の定員を120名として認可される。
平成12年 9月 矢倉保育園の分園として英賀保駅前保育所が認可され、開園する。
平成12年 12月 広英保育園 多目的ホール完成。
平成20年 4月 津田このみ保育園三宅分園を開園。
平成21年 2月 広英保育園 新園舎竣工。
平成23年 4月 津田このみ保育園 認定こども園として認可。
平成27年 4月 津田このみ保育園は幼保連携型認定こども園 津田このみ学園に移行。認可される。
平成28年 4月 矢倉保育園 移転事業完了。やぐら保育園に改称